Gregory Puret - Ostheopath

専門分野について

オステオパシーは原因がはっきりしているかどうかに関わらず、慢性・急性を問わず痛みを回復させます。

通常オステオパシー治療には三つの方法があります。

  • 筋骨格系(関節、筋肉や靱帯)の強化、柔軟性・可動域の増加
  • 内臓のリラクゼーションと活性化。内臓から骨までを繋ぐ筋膜のストレッチ
  • 頭蓋仙骨の軸のバランスを整える為の、頭蓋仙骨軸のストレッチ・可動域の増加・緊張の緩和(クロニオセイクラル・セラピー)

不調の性質は筋肉、骨、関節だけではなく体内器官や頭蓋骨などの全身を伴うものもあります。

これらの治療法は、瘢痕組織形成や組織癒着などでも有効なため、特に手術後ケアに適しています。

主な治療:

  • 首、背中、関節の痛み
  • 手根管症候群
  • 圧迫神経(坐骨神経痛、下腿痛)
  • 捻挫や骨折の後遺症
  • 瘢痕組織
  • 頭痛、偏頭痛
  • 集中力、睡眠障害
  • 額関節の問題
  • 胃の痛み、胸焼け、消化不良
  • 喘息や呼吸器疾患
  • ストレスや不安
  • 気分のむらやうつ病